ビジネス英語

【742】「もっと体系的なやり方をしないとね。 We definitely need to have a more structured approach.」

投稿日:2021年6月13日 更新日:

  

今日のフレーズ

We definitely need to have a more structured approach.
(もっと体系的なやり方をしないとね。)

  

     

やり取りイメージ

------ At work ------
------(職場にて)------

A : This assessment sheet is going to be so useful for our recruitment process.
(この評価シート、採用プロセスで役に立つね。)

B : Yeah we’ve been doing it really organically so far.
(そうだね、これまでその場でなんとかやりくりしてきたからね。)

A : We definitely need to have a more structured approach.
(もっと体系的なやり方をしないとね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

イギリスに来て、ローカル社員を雇うための採用面接に出たことがあります。

     

そのとき、人事のローカル社員から渡されたのが、アセスメントシート(評価シート)。

     

シートの中には評価項目が書かれていて、面接をした人全員分の点数と理由をちゃんと書いてねって言われました。

     

日本でも面接官をしたことがありましたが、日本よりも詳しく書くことを求められたので、なんでここまでやるの?って聞いたら、「イギリスでは、面接結果を全員同じ基準でみたのか、そしてなぜ候補者が合格したのか、不合格になったのか、きちんと記録に残しておく必要がある。」と言われました。

     

メモ程度で合否や理由をつけるのではなく、だいぶ体系的に記録を残してるんだなと思いながら、英語でみっちりと書かなければならないこともあり、ヒイヒイ言いながら、シートを記入したことを覚えています。

      

今日のフレーズのポイントである「a structured approach」(体系的なアプローチ、構造的なやり方)は、少し難しい言葉ですが、ビジネスシーンでは使われています。

     

ということで、あらためて今日のフレーズは、

We definitely need to have a more structured approach.
(もっと体系的なやり方をしないとね。)

でした。

     

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

      

      

     

スポンサーリンク

-ビジネス英語

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.