英国特有表現

【819】「無性にコーラが飲みたい。 I've got a craving for a Coke. 」

投稿日:

  

今日のフレーズ

I've got a craving for a Coke.
(無性にコーラが飲みたい。)
(コーラが飲みたくて仕方ない。)

  

     

やり取りイメージ

------ Coke ------
------(コーラ)------

A :  I’ve got a craving for a coke.
無性にコーラが飲みたくなった。)

B : Where did that come from?
(いきなりなんで?)

A : I just saw an advert on TV.
(ちょうどテレビCMで見たんだよね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

何かを食べたい、飲みたいっていう強い感情が急に湧き上がることってありませんか?

    

例えば、ラーメンが食べたい、ビールが飲みたいっていう気持ちです。

     

そんなタイミングで使える表現が今日のフレーズです。

     

I've got a craving for a Coke.
(無性にコーラが飲みたい。)
(コーラが飲みたくて仕方ない。)

     

ポイントは「have got a craving for 〜」です。

     

「have got a craving for 〜」

(〜が無性に欲しい。〜が欲しくて仕方ない。)

     

イギリス英語の口語では「have」と同じ意味で「have got」を用います。

    

※「I've got」=「I have got」の短縮形。

     

「I've got a craving for 〜」の意味をイギリス人に確認したところ、

I've got a craving for 〜」=「I suddenly really really want something. Usually for food or drink.」

と言っていました。

    

特に食べ物や飲み物に使われ、何かを急に欲しくなったときに使われる表現なんですね。

     

I've got a craving for 〜」の「〜」に好きなもの、食べたいもの、飲みたいものを入れてみましょう。

   

たとえば、こんな感じです。

    

I’ve got a craving for chocolate.

   

I've got a craving for a Big Mac.

    

I've got a craving for cold beer.

    

イギリス人が会話で使う「Good English」なので、今度、急に何かが食べたい、飲みたいって思ったとき、使ってみてださいね。

    

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

     

     

スポンサーリンク

-英国特有表現

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.