日常会話

【851】「ちょうど今起きたところ。 I literally just got up.」

投稿日:

  

今日のフレーズ

I literally just got up.
(ちょうど今起きたところ。)

  

     

やり取りイメージ

------ Over the phone ------
------(電話にて)------

A : Can you talk now?
(今話せる?。)

B : I literally just got up. Let me get a cup of coffee and I’ll call you back.
ちょうど今起きたところなんだ。コーヒ飲んでから電話かけ直すね。)

A : No rush.
(急がなくていいよ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

「literally」と言う英単語。

     

イギリス人との会話でよく耳にします。

     

「literally」【副詞】: 文字どおり、そっくりそのまま、誇張なしに、本当に、まさに

【発音】: lítərəli | リテラリィ

      

今日のフレーズの中で「literally」は「literally just」で使って「たった今」、「ちょうど今」、「まさに今」というニュアンスで使われています。

     

「たった今」は「only just」とも表現できますが、「only just」と「literally just」の違いをイギリス人に確認したところ、

「only just」=「neutral』(中立的なニュアンス)

「literally just」=「It's got more energy and it's more dynamic」("only just"よりもっとエネルギッシュでダイナミックなニュアンス)

と言っていました。

    

つまり、「only just」よりも、「literally just」の方が「ちょうど今!」と強調したいときに使われるんですね。

   

※参考までに「only just」を使ったフレーズは、これらがあります。

「たった今メールを受け取りました。」

「たった今メールを見たところです。」

「ちょうど今来たところだよ。」

    

この「literally just」は、子供から年配の方まで幅広い層のイギリス人がカジュアルな会話で使っていますので、ぜひ読者の皆さんも取り入れてみてくださいね。

     

ということで、あらためて今日のフレーズは、

I literally just got up.
(ちょうど今起きたところ。)

でした。

     

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

     

動画で学ぶ “literally”の使い方

    

「literally」の使い方の詳細をもっと知りたい方はこちらをどうぞ!

     

イギリス人が例文をあげながら分かりやすく紹介しています。

     

       

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.