日常会話

【886】「いろいろ準備しないといけない。 I need to get everything ready first.」

投稿日:2021年11月4日 更新日:

  

今日のフレーズ

I need to get everything ready first.
(いろいろ準備しないといけない。)

  

     

やり取りイメージ

------ Cooking ------
------(料理)------

A : Because it’s my first time to make this recipe, I need to get everything ready first.
(このレシピで料理するの初めてだから、いろいろ準備しなきゃいけない。)

B : Ok I’ll get out of your hair.
(わかった、邪魔しないよ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

何かを始めるとき、準備が必要ですよね。

    

この前、イギリス人とオンライン打合せをする際、手元の携帯で会議システムにつないで、パソコンでは資料を開き、手元でノートにメモをする準備をしたりなどしてバタバタしていたとき、「いろいろ準備するから(ちょっと待って)」って自然な英語でなんて言ったらいいのかと疑問に思いました。

     

イギリス人に聞いてみたところ、そんな状況では、今日のフレーズがピッタリと教えてもらい、それ以降、相手に対して自分が準備をしなければならないと伝えたいとき、「I need to get everything ready first.」をたくさん使っています。

     

さて、今日のフレーズのポイントは「get everything ready」です。

    

「get everything ready」: いろいろと準備する、準備万端にする

     

そもそも「get something ready」が「何かの準備を整える」、「何かの用意をする」になるので、「something」を「everything」にすると、「全ての準備を整える」→「いろいろと準備する」、「準備万端にする」というニュアンスになるんです。

     

イギリス人にも「get everything ready」の意味を確認したところ、

「Before you start you need preparation」
(何かを始める前に、準備が必要だ)

と言っていました。

     

ということで、あらためて今日のフレーズは、

I need to get everything ready first.
(いろいろ準備しないといけない。)

でした。

    

何かを始めるとき、誰かに向かって、「いろいろと準備をしないといけない(ちょっと待って)」と言いたいとき、今日のフレーズを使ってみてください。

     

では、また明日のフレーズでお会いしましょう!

     

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.