ビジネス英語

【913】「では始めましょう。 Let's dive in.」

投稿日:2021年12月1日 更新日:

  

今日のフレーズ

Let's dive in.
(では始めましょう。)

  

     

やり取りイメージ

------ At the beginning of the meeting------
------(打合せの初めに)------

A : I think everyone is here now.
(みんな揃っています。)

B : Ok let’s dive in.
(じゃあ、始めましょう。)

  

  

〜 Tea Break 〜

打合せは、開始時間になったら、進行役が全員揃っているか確認した上で「では始めます。」と言ってスタートしますよね。

     

今日のフレーズは、まさにそのタイミングで使える一言です。

    

※オンライン打合せやFace to Faceの打合せ、どちらで使用可。

     

Let's dive in.
(では始めましょう。)

    

「dive in」と聞くと「飛び込む」が真っ先に思い浮かびますが、「熱心に始める」と言う意味もあるんです。

     

「dive in」の意味を英英辞典でも調べてみましょう。

     

to start doing something suddenly and energetically, often without stopping to think:

     

参照: Cambridge Dictionary

      

何かを熱心に始めるときに使えるんですね。

     

イギリス人にも意味を確認したところ、

=「Let’s start.」

=「Let’s get stuck in. 」(詳細はこちらをご覧ください。)

だと言っていました。

     

どれも「始めよう」、「取り掛かろう」という意味ですね。

     

ちなみに、「Let's dive in.」は主にビジネスの会話で使われるフレーズです。

     

なので、友人・家族とのカジュアルな会話では使いません。

     

友人・家族とのカジュアルな会話では「Let’s get stuck in. 」が使え、「Let's start.」はビジネスでもカジュアルな会話でもどちらでもOKです。

      

今度、「Let's dive in!」と言って、仕事の打合せを始めてみてはいかがでしょうか。

     

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

     

スポンサーリンク

-ビジネス英語

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.