日常会話

【917】「ちょっと考えてみる。 I’ll give it a think.」

投稿日:2021年12月5日 更新日:

  

今日のフレーズ

I’ll give it a think.
(ちょっと考えてみる。)

  

     

やり取りイメージ

------ Dinner ------
------(夕食)------

A : What would like for dinner?
(夕食何食べたい?)

B : I don’t know. I’ll give it a think.
(わからない、ちょっと考えてみる。)

A : Let me know before I go shopping.
(買い物行く前に教えてね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

何かを聞かれたとき、即答できないので、ちょっと考えたいときありませんか?

     

そんなとき、今日のフレーズが使えます。

     

「I’ll give it a think.」
(ちょっと考えてみる。)

     

イギリス人に意味を聞いてみると、

I'll spend some time thinking about it.

だと言っていました。

     

ここで疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

    

そうです、「I'll give it a thought.」と「I'll give it a think.」の違いは何か?と。。。

     

答えを言うと、2つとも同じ意味です。 

    

ただ、今日のフレーズ「I'll give it a think.」の方がカジュアルなフレーズです。

    

I'll give it a thought.」の方は、もっとシリアスな話のときに使える言い回しなんです。

     

I'll give it a thought.」はI'll give it some thought.」とも言えますが、「I'll give it a think.」は「I'll give it some think.」 とは言いません。

     

例えば、こんな感じで使い分けることができます。

     

A : What would you like for dinner?
(夕食何食べたい?)

B : I’ll give it a think.
(ちょっと考えてみる。)

      

A : What do you want to do after university?
(大学卒業したら、何するの?)

B : I don’t know. I need to give it some thought.
(わからない。考えなきゃね。)

      

違いのイメージつかめましたか?

     

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

      

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.