日常会話

【942】「ちょっとボーッとしてた。 I’m feeling a bit spaced out.」

投稿日:2021年12月30日 更新日:

London, United Kingdom - beautiful Georgian front door.

  

今日のフレーズ

I’m feeling a bit spaced out.
(ちょっとボーッとしてた。)

  

     

やり取りイメージ

------ At home ------
------(家にて)------

A : Why do I have to keep repeating myself?
(どうして同じこと何度も言わないといけないの?)

B : Sorry I’m feeling a bit spaced out because I slept really badly last night.
(ごめん、ちょっとボーッとしてた。昨晩よく眠れなくて。)

A : Why don’t you go and have a nap?
(お昼寝してきたら。)

  

  

〜 Tea Break 〜

師走となると、仕事にプライベートに忙しく、バタバタですよね。

     

頭が回らず、今やっていることに集中できなくて、身が入らなず、意識が上の空になってしまうことありませんか。

     

そんな感じで、まさに「ボーッとしてしまった」とき、今日のフレーズが使えます。

      

I’m feeling a bit spaced out.
(ちょっとボーッとしてた。)
(ちょっと上の空だった。)

      

space out」【句動詞】: 上の空、ぼんやりする、ボーッとする

      

「space out」の意味を英英辞典で調べてみましょう。

     

Someone who is spaced out is not completely conscious of what is happening, often because of taking drugs or needing to sleep:

     
(例文)

I hadn't slept for two days and was completely spaced out.

      

参照: Cambridge Dictionary

     

イギリス人にも「I’m feeling a bit spaced out.」の意味を確認したところ、

=It means your brain’s not working very well today maybe you didn’t sleep well, hang over or just not well.

と言っていました。

     

つまり、寝不足、二日酔い、不調で、脳がしっかり働いていない、今起きていることに意識が向いていない状態なんですね。

      

今日のフレーズは、家族・友人などの親しい間柄に使えるカジュアルな口語表現です。

     

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

     

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.