日常会話

【973】「考え方が大きく変わった。 There’s been a massive shift in thinking.」

投稿日:2022年1月30日 更新日:

  

今日のフレーズ

There’s been a massive shift in thinking.
(考え方が大きく変わった。)
(考え方の大きな変化があった。)

  

     

やり取りイメージ

------ Plastic bags ------
------(ビニール袋)------

A : Not so long ago people used plastic bags for everything.
(最近までみんなビニール袋をいろいろなところで使ってたよね。)

B : Yes, there’s been a massive shift in thinking. I’m glad.
(うん、考え方が大きく変わったんだね。嬉しいよ。)

A : I hardly see anyone with a disposable plastic bag anymore.
(もう使い捨てできるビニール袋を使っている人ほとんど見ないもんね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

3〜4年ほど前、イギリスでは、海亀の鼻の穴からビニール袋が出ている動画に注目が集まりました。

 

大量の自然に還らないプラスチックゴミが環境(海洋)汚染を引き起こすだけでなく、そこに生息する生物をも苦しめているという衝撃が走ったのです。

 

イギリスでは環境対策意識が高まって、数年前からプラスチックストローが紙ストローに変わり、スーパーなどで買ったもの入れる大きいビニール袋(リユース可能)は有料になりました。

 

そして、最近では日本のスーパーの野菜売り場に置いてあるような小さい透明な薄いビニール袋がイギリスのスーパーからはなくなっています。

 

野菜やフルーツは、土に還る素材で作られた「Biodegradable Bags」や「Home Compostable Bag」に入れられて陳列されているのです。

  

「Biodegradable」: 生物分解可能な

【発音】bàioudigréidəbəl | バイオウディグレイダブル

 

「Compostable」: 堆肥にできる

【発音】kɔmpɔ́stəbəl | コムポスタブル

 

この「Biodegradable Bags」、「Home Compostable Bag」は、各家庭や畑などにある「コンポースト」(生ゴミ発酵器)の中に入れておくと土に還るので、自然に還らないビニール袋と違って、環境に配慮されたアイテムなのです。

 

例)イギリスのスーパーで買ったバナナを入れた袋。

 

左下に「HOME COMPOSTABLE BAG」と記載があります。

 

 

今日のフレーズのポイント

  

「a massive shift」: 大きな変化、大規模な変化

 

「massive」: 大規模な

【発音】mǽsiv | マッスィヴ、

  

イギリス人にも「a massive shift」の意味を確認したところ、

=a big change

と簡潔に言い表していました。

 

ちなみに、「There’s been a massive shift in 〜」で「〜に大きな変化があった。」になります。

 

今日のフレーズ以外にも、たとえば

「There’s been a massive shift in how people are woking.」
(働き方が大きく変わった。)

と言うこともできます。

 

今日のフレーズは「Neutral」な表現なので、親しい間柄の友人・家族との会話でも、ビジネスシーンでも使えます。

 

また、イギリス人曰く「Good English」ですので、頭の片隅に置いておくといいかもしれません。

 

あらためて今日のフレーズは、

There’s been a massive shift in thinking.
(考え方が大きく変わった。)
(考え方の大きな変化があった。)

でした。

 

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

 

追伸:冒頭の写真は、イギリス南西端にある「Cornwall」(コーンウォール)の港です。

 

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.