日常会話

【977】「すごい久しぶりだね。 It’s been ages since we last met.」

投稿日:2022年2月3日 更新日:

  

今日のフレーズ

It’s been ages since we last met.
(すごい久しぶりだね。)
(久しぶり!)

  

     

やり取りイメージ

------ Friends ------
------(友達)------

A : It’s been ages since we last met. We need to catch up.
(すごい久しぶりだね。近況報告しようよ。)

B : Let’s go for a coffee soon.
(コーヒーでも行こう。)

A : Sure. I’ll text you. 
(いいね、メッセージ送るね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

久しぶりって英語で言いたいとき、なんて言っていますか?

  

今日のフレーズはあまり日本人は使いませんが、ネイティブが使う自然でGoodな表現です。

  

It’s been ages since we last met.
(すごい久しぶりだね。)
(久しぶり!)

  

*「It's」 = 「It has」の短縮形です。

   

今日のフレーズはもう一つの決まり文句として覚えてしまった方がいいです。

  

長い間会ってない人に会ったときは、「Long time no see.」ではなく、「It's been ages since we last met.」が無意識に出てくるとネイティブにグッと近づきます。

  

ちなみに、この「It's been ages since 〜」(長い間〜してない。)は使い勝手のいい型でもあります。

  

たとえば、こんな感じで使えます。

  

It’s been ages since I last went for a run.
(長いことランニングしてない。)

It’s been ages since I bought one.
(長いこと買ってない。)

  

ちなみに「since」の後に「last」が入るケースと入らないケースがありますが、違いは何でしょうか?

  

イギリス人曰く、それが習慣だったら「last」を入れるのが自然とのこと。

  

「It's been ages since we last met.」は、昔はよく会っていたという習慣ありきなんですね。

  

確かに、「久しぶりだね!」って言って会う人って、それなりの時間を共に過ごした友人・家族、同僚・元同僚だったりしますよね。

  

(※深く考えず、「久しぶり」=「It's been ages since we last met.」で覚えちゃうのが早いです。)

  

また、「It’s been ages since I last went for a run.」も、以前はよく走っていたけど、今は長いこと走っていないって意味合いになるので、「last」が入るんです。

  

なお、「last」を入れなくても意味としては通じますが、入れた方が自然です。

  

ということで、今日のフレーズはネイティブが会話でよく使う「Good English」なので、ぜひ今度使ってみてください!

  

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

  

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.