ビジネス英語

【1005】「おそらく~することになるだろう。 What we might end up doing is ~ . 」

投稿日:2022年3月3日 更新日:

  

今日のフレーズ

What we might end up doing is ~ .
(おそらく~することになるだろう。)

  

     

やり取りイメージ

------ At work ------
------(職場にて)------

A : It seems we have three options to chose from.
(どうやら3つの選択肢がありそうだね。)

B : What we might end up doing is combining options 1 and 2.
(おそらくオプション1か2になるんじゃないかなと思う。)

A : That would probably make the most sense.
(それが一番いいだろうね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

この前イギリス人と課題解決に向けて、いくつか案を示しながら話をしていました。

 

そのとき、イギリス人が、自分の組織では「〜をすることになるだろう」と今日のフレーズを使って言ってきました。

 

このような感じで、仕事などで、何かの解決策を考えているとき、いくつか選択肢がある中で、100%確実ではないけど、結局こうするんじゃないかなって言いたときありませんか?

 

そんなとき、今日のフレーズが使えます。

 

What we might end up doing is ~ .
(おそらく~することになるだろう。)

 

イギリス人にも「What we might end up doing is ~ .」の意味を確認したところ、

=There is more than one option but you are guessing which option you might be choosing

とのこと。

 

つまり、「一つ以上の選択肢がある中で、たぶんこの選択肢を選ぶだろうと推測すること」なんですね。

 

また、もっとシンプルな英語だと、なんて言うかイギリス人に追加で聞いてみたところ、

=「What we will probably do is 〜」

と言っていました。

 

ただ、「What we will probably do is 〜」は文法的に間違っていませんが、ネイティブは使いません。

 

ネイティブは、「What we will probably do is 〜」の代わりに、「What we might end up doing is 〜」を使うんです。

 

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

 

スポンサーリンク

-ビジネス英語

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.