日常会話

【1046】「気が重い! I'm dreading it!」

投稿日:2022年4月13日 更新日:

  

今日のフレーズ

I'm dreading it!
(気が重い!)
(とても心配だ!)

  

     

やり取りイメージ

------ Exam ------
------(試験)------

A : So you've got your first exam tomorrow. How are you feeling?
(明日試験あるんでしょ。どんな気分?)

B : I'm dreading it! I can't remember anything I've studied.
(気が重いよ!勉強したことが思い出せないんだ。)

A : Don't worry, I'm sure you will when you need to.
(心配しなくていいよ、思い出さなければならないとき、思い出せるから。)

  

  

〜 Tea Break 〜

何かが怖くてビクビクして、先が思いやられ、気が重いことってありませんか?

  

そんなとき今日のフレーズが使えます。

  

I'm dreading it!
(気が重い!)
(とても心配だ!)

  

「dread」: 〜を恐れる、ビクビクする、ひどく怖がる、ひどく心配する

【発音】: dréd | ドレドゥ

  

英英辞典でも「dread」の意味を調べてみましょう。

  

to feel extremely worried or frightened about something that is going to happen or that might happen:

  

He's dreading the exam - he's sure he's going to fail.

  

参照: Cambridge Dictionary

  

イギリス人にも「dread」の意味を確認したところ、

=feeling fear when thinking about it

=to fear something that is going to happen

=you're anticipating something with fear

とのこと。

  

つまり、そのことについて考えると恐ろしく感じることなんですね。

  

今日のフレーズ「I’m dreading it.」を別の英語でなんて言うか確認したところ、

=I’m afraid it

が一番近いと言っていました。

  

今日のフレーズは基本的にはネガティブな感情表現として、カジュアルに親しい間柄の人に対して会話で使われます。

  

日本人には聞き慣れない言い回しですが、ネイティブにとったら一般的なフレーズなので、知っていると役立ちます。

  

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

  

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.