日常会話

【1086】「どうぞ。 It’s all yours.」

投稿日:2022年5月23日 更新日:

  

今日のフレーズ

It’s all yours.
(どうぞ。)
(気兼ねなく使って。)

  

     

やり取りイメージ

A : Have you finished with the kettle? 
(そのヤカンもう使い終わった?)

B : Yep, it's all yours.
(うん、どうぞ。)

A : Cheers.
(ありがとう。)

  

  

〜 Tea Break 〜

私の会社のキッチンには、電子レンジがあり、昼食時間には冷凍食品を解凍したり、お弁当を温める人で順番待ちになることがあります。

 

ネイティブは自分の順番が終わった後、次の人に対して、今日のフレーズを使うことがあります。

 

It’s all yours.

 

イギリス人に「It’s all yours.」の意味を確認したところ、

=I’m not using it anymore.

=I’m finished with that.

=It's free for you to use.

とのこと。

 

つまり、「もう使い終わった、使わない、自由に使っていいよ」というニュアンスなんですね。

 

ちなみに「All yours.」と言ってもOKです。

 

「It's all yours.」よりもカジュアルに使えるのが「All yours.」です。

 

今日のフレーズは、カジュアルな響きがあり親しい間柄の家族・友人・同僚に使うことが多いです。

 

また、文語ではなく、主に口語で使われます。

 

とても一般的な言葉なので、ネイティブであれば誰でも知っていて、使用頻度も高く、「Good to know」(知っていると役立つ)言い回しでもあります。

 

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

 

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.