ビジネス英語

【1092】「ちょっと待って。 Bear with me.」

投稿日:2022年5月29日 更新日:

  

今日のフレーズ

Bear with me.
(ちょっと待って。)

  

     

やり取りイメージ

A : Have you got time to talk ?
(今話せる?)

B : Bear with me, I've just got to finish this email, then I'm all yours.
(ちょっと待って。このメール出さないといけないから、そしたら大丈夫だよ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズは、イギリス人がとてもよく使う一言です。

 

イギリス人に意味を確認したところ、

=Hang on.

=It's more polite than hang on because you’ve got something to do before answering

とのこと。

 

「Hang on.」は「ちょっと待って。」という意味で、よく使われう表現ですが、「Bear with me.」は、この「Hang on.」よりも丁寧な言い回しなんですね。

 

具体的には「Hang on.」は、親しい友人・家族・同僚に使えますが、「Bear with me.」は友人には使いません。

 

「Bear with me.」はよく知っている同僚に使うことが多いです。

 

私もイギリス人との打合せ中、「Bear with me.」を使われることが多々あります。

 

そのイギリス人は、ビジネスマナーがしっかりしていて、ビジネスに即した言葉を使ってくる同僚の一人です。

 

ちなみに、ビジネスにおいて同僚ではなく、外部の関係者に「しばらくお待ちください。/少しお待ちください。」と言いたいとき、ネイティブは「Please bear with me.」を使ってきます。

 

「ちょっと待って。」の英語フレーズをまとめるとこんな感じです。

 

「Please bear with me.」←フォーマル

「Bear with me.」←Neutralとカジュアルの中間。同僚には使うが、友人には使わない

「Hang on.」←カジュアル。親しい家族・友人・同僚に使う

「Hang on a minute.」←同上

「Hang on a sec/second.」←同上

 

※「Hang on a min.」とは言いません。

 

ちなみに、「Hold on.」も「ちょって待って。」という意味になりますが、ちょっとプッシーな感じで相手にプレッシャーを与えるような響きになるため、イギリス人は使いません。

 

また、「Just a moment please.」は丁寧な言い方ではあり、意味も通じますが、イギリス人はあまり使いません。

 

「Just a moment.」は冷たい響きになるので、こちらもイギリス人は使わない表現です。

 

今日のフレーズは、「Neutral」とカジュアルの中間の表現で、口語で使います。

 

ネイティブなら誰でも知っている一般的なフレーズで、高い頻度で使われます。

 

英国人オススメの「Good to know」な言い回しなので、ぜひ覚えてくださいね!

 

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

 

スポンサーリンク

-ビジネス英語

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.