日常会話

【1124】「時間に余裕がなかった。 I was so time-poor.」

投稿日:2022年6月30日 更新日:

  

今日のフレーズ

I was so time-poor.
(時間に余裕がなかった。)

  

     

やり取りイメージ

A : Since the pandemic & working from home, I've been able to going running every morning before starting work.
(パンデミックになって、在宅勤務するようになってから、毎朝仕事始める前にランニングできるようになったんだ。)

B : I know, a lot of people's work / life balance has really improved over the last couple of years.
(そうだよね、多くの人のワークライフバランスがここ数年で本当に改善されたよね。)

A : I was so time-poor then, I can't believe we used to live like that.
(昔は時間に余裕がなかったのにね、あんな生活してたなんて信じられないよ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズのポイントは「to be time-poor」です。

 

「to be time-poor」: (多忙のため)時間的余裕がない、暇な時間がない

 

英英辞典でも意味を調べてみましょう!

 

not having enough time to do things

 

Increasingly, both men and women in the professional middle classes are work-rich and time-poor.

 

参照: Cambridge Dictionary

 

イギリス人にも意味を確認したところ、

=lacking free time

とのこと。

 

つまり、「自由な時間が十分に取れない」というニュアンスなんですね

 

今日のフレーズは、「Neutral」な表現なので、カジュアルな場面でもビジネスシーンでも両方で使えます。

 

また、文語よりも口語で使われることが多いです。

 

使用頻度はさほど高くありませんが、イギリス人曰く「Good to know」な(ネイティブが自然に使う)言い回しです。

 

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

 

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.