日常会話

【1156】「すごく喉渇いた。 I’m dying of thirst.」

投稿日:2022年8月1日 更新日:

  

今日のフレーズ

I’m dying of thirst.
(すごく喉渇いた。)

  

     

やり取りイメージ

A : Shall we take a break?
(休憩する?)

B : Yeah, I'm dying of thirst! 
(うん、すごく喉渇いた!)

A : Ok, let's get some drinks from that shop over there.
(そうだね、じゃああの店に飲み物買いに行こう。)

  

  

〜 Tea Break 〜

「喉が渇いた」は英語で「I'm thirsty.」ですよね。

 

「喉が渇いた」と言いたいとき、「I'm thirsty.」以外でイギリス人が使う表現が今日のフレーズです。

 

イギリス人にも「I’m dying of thirst.」の意味を確認したところ、

=I’m very thirsty.

=I’m parched.

とのこと。

 

「すごく喉が渇いた」ときに使える一言なんですね。

 

参考までに「I'm parched.」の詳細はこちらからご覧いただけます。

 

 

さいごに、今日のフレーズは「Neutral」(中立的)な表現なので、カジュアルな場面でもビジネスシーンのようなフォーマルな場面でも両方で使えます。

 

また、文語よりも口語として用いられることが多いです。

 

使用頻度はさほど高くありませんが、ネイティブしか知らないであろう「Good English」です。

 

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

 

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.