日常会話

【1157】「休憩したくてたまらない。 I'm dying for a break.」

投稿日:2022年8月2日 更新日:

  

今日のフレーズ

I'm dying for a break.
(休憩したくてたまらない。)

  

     

やり取りイメージ

A : We've been working on this problem since 8 this morning. I'm dying for a break.
(今日朝8時からこの問題対応してるよ。もう一息入れたいな。)

B : Let's take some time out & have lunch.
(休憩にしてランチでも食べよう。)

A : That's a brilliant idea.
(いいね、そうしよう。)

  

  

〜 Tea Break 〜

たとえば、きついトレーニングや、長い打合せの後って、休みたくてたまらなくなりませんか?

 

そんなとき、今日のフレーズが使えます。

 

「I'm dying for 〜」: 〜したくてたまらない、〜したくて仕方ない

 

イギリス人にも「I'm dying for a break.」の意味を確認したところ、

=I really need a break.

とのこと。

 

ちなみに、「〜したくてたまらない」と言いたいとき、「I've got a craving for 〜」という表現もあります。

 

それでは、「I'm dying for 〜」と「I've got a craving for 〜」の違いは何でしょうか?

 

基本的には同じ意味ですが、「I've got a craving for 〜」の方が 「slightly more old fashioned」(ほんの少し古風な)言い回しです。

 

 

さいごに、今日のフレーズは、カジュアルな表現なので親しい間柄の友人・家族・同僚に使うことが多いです。

 

また、文語ではなく口語として用いられます。

 

なお、使用頻度は少し高めで、ネイティブがよく使う「Good English」です。

 

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

 

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.