英国特有表現

【1160】「一旦保留にしておこう。 Let's press the pause button on this. 」

投稿日:2022年8月5日 更新日:

  

今日のフレーズ

Let's press the pause button on this. 
(一旦保留にしておこう。)

  

     

やり取りイメージ

A : It's a great idea but senior management is not on board yet.
(素晴らしいアイデアだけど、経営層はまだ同意してないよね。)

B : Let's press the pause button on this. We can give it another go next year.
(一旦保留にしておこう。来年再度試してみるのもいいかも。)

A : Sure, we've done all this work so we have to try again.
(そうしよう。ここまでやったんだから、再度トライしたいよね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

進めていた物事を一旦ストップしておきたいときありませんか?

 

そんなとき使えるのが今日のフレーズです。

 

「press the pause button」は「一時停止ボタンを押す」=「一旦止める・一旦保留にする」という意味合いになるんです。

 

イギリス人にも「Let's press the pause button on this. 」の意味を確認したところ、

=Let’s stop this for the moment.

とのこと。

 

「一旦止めておこう」というニュアンスなんですね。

 

ちなみに「保留にしておこう」と言いたいとき、

「put it on hold」

を思い浮かべるかもしれません。

 

その通りです。

 

「put it on hold」と「press the pause button」は同じ意味です。

 

この2つの違いは何でしょうか?

 

「put it on hold」は「Neutral」(中立的)な表現で、「press the pause button」は「カジュアル」な表現という違いです。

 

ちなみに「put it on hold」の使い方としては、

「We gonna need to put it on hold.」←よく使う。

「We have to put it on hold.」←上の意味と同じだが、上の表現より少し堅い。

が多いです。

 

なお、今日のフレーズは、文語ではなく口語で使われることが多い表現です。

 

また、使用頻度は高くありませんが、イギリス英語特有表現であり、ネイティブしか使わないであろう「Good English」です。

 

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

 

 

スポンサーリンク

-英国特有表現

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.