日常会話

【1233】「彼女は自分の意見を譲らなかった。 She dug her heels in.」

投稿日:2022年10月17日 更新日:

Beautiful house in french brittany typical

  

今日のフレーズ

She dug her heels in.
(彼女は自分の意見を譲らなかった。)

  

     

やり取りイメージ

A : Everyone except Lisa wanted to sell the house.
(リサ以外の全員、家を売りたがってたね。)

B : She dug her heels in, so we were stuck.
(彼女は自分の意見を譲らなかったから、ちょっと行き詰ってたよね。)

A : Thank goodness she finally changed her mind.
(本当に良かった。彼女最後には考えを変えたから。)

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズのポイントは、「to dig one's heels in」です。

 

「to dig one's heels in」: 自分の主張を一歩も譲らない、自分の意見に固執する

 

※現在-過去-過去分詞は「dig-dug-dug」

 

まさに、「自分の両方のかかとを地面に埋め込んでテコでも動かない、頑として譲らないイメージ」なのでしょう。

 

イギリス人にも意味を確認したところ、

=「to refuse to change your opinion when challenged」

=「Refused to change her opinion when challenged」(←今日のフレーズ)

とのこと。

 

つまり、「自分の意見を変えるのを拒絶している状態」ですね。

 

今日のフレーズを別の英語表現で言うとどうなるのでしょうか?

 

答えは、

=「She refused to change her mind.」

になります。

 

今日のフレーズは、カジュアルな場面でもビジネスシーンのようなフォーマルな場面でも両方で使えます。

 

さいごにイギリス人の発音はこちらからどうぞ!

 

 

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

 

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.