日常会話

「渋野日向子、全英女子オープンゴルフにてメジャー初出場、初優勝の大偉業。」

投稿日:2019年8月5日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

Hinako Shibuno claims stunning win in her first major in the Women's British Open.
(渋野日向子、全英女子オープンゴルフにてメジャー初出場、初優勝の大偉業。)

 

使うタイミング

時事ニュースなので、あまり汎用性がないかもしれませんが、スポーツ選手などが記念すべき勝利をあげた時。

 

 

やり取りイメージ

Kenneth : Did you see the sports news?
(スポーツニュース見ましたか?)

Nathalie : Yes I did. BBC says that Hinako Shibuno claims stunning win in her first major in the Women's British Open.
(見ましたよ。BBC が「渋野日向子、全英女子オープンゴルフにてメジャー初出場、初優勝の大偉業。」って報じていましたよね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズは、時事ニュースからです。

イギリス(ロンドン北西部のウォーバーン)で行われていた2019全英女子オープン(8月1日〜4日)にて、日本の渋野日向子選手がメジャー初出場、初優勝の大偉業を成し遂げました。

日本勢のメジャー制覇は、男女通じて42年ぶりの快挙です。

そして、渋野選手はまだ、プロになって1年ほどの20歳、今回がメジャー初挑戦で初優勝ということもあり、日本だけでなく、英国でもその快挙が大きなニュースになっています。

例えば、BBC(英国国営放送)のスポーツ欄の一面では、渋野選手の快挙についての複数のニュースが動画付きで掲載されています。

そこでの記事の一部を抜粋して紹介します。

'It's a Cinderella story' - Shibuno hits seven birdies to win British Open. (「シンデレラストーリーだ!」、渋野は、7バーディーで全英オープンを制した。)

And the rookie, not only playing in her first major but also appearing outside Japan for the first time, showed no signs of nerves as she struck a firm 18ft putt which hit the back of the hole and just about dropped to secure victory.
(この新人は、初メジャー挑戦だけでなく、海外初挑戦で、緊張の色を見せることなく、18フィートのパットを沈めて優勝を達成した。)

また、彼女の偉業だけでなく、常に笑顔でゴルフを楽しんでいるそのキャラクターについても触れています。

Shibuno is known as the 'smiling Cinderella' and she has captured the hearts of fans at Woburn on her fairytale major debut.
(渋野は、「笑顔のシンデレラ」としても知られている。彼女はそのおとぎ話のようなメジャーデビューで現地のファンの心を鷲掴みにした。)

今日は彼女が英国の地で成し遂げた偉業で自分ももっと頑張ろうという気持ちになりました。

少し気が早いですが、彼女の今後の躍進と来年の東京オリンピックでの活躍にも期待したいところです。

ちなみに、今日の英語フレーズに出てくる英単語、claim の解説をします。

今日のフレーズでは、claim は「〜に値する」という意味で使われています。

stunning が「素晴らしい・見事な」という意味ですので、claims stunnning win で「素晴らしい・見事な勝利に値する」 という意味になります。

なお、参考までに、claim というと日本語のクレーム(苦情)のイメージが強いかと思いますが、基本的には、「(事実などを正しいこととして)主張する。」「(権利を当然のこととして)要求する。」といった意味ですので、日本語でいうところの所謂苦情とは限りません。

もちろん、商品やサービスの品質に対して、その返品や交換を要求する場面ではネガティブな意味になりえますが、claim は常にネガティブな意味で使われる訳ではありません。

例えば、ビジネスにおいて出張費用などの精算を英語では、expense claim と言います。

仕事の出張費用に掛かった費用を当然の権利として要求するというニュアンスで、ネガティブな意味ではなく使われています。

今週は月曜日の朝から明るいニュースが聞けて、良い一週間になりそうですね。
それでは良い一日を!Have a good day!

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.