日常会話

【377】「I’ve got sore feet. 足が痛い。」

投稿日:2020年6月13日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

I’ve got sore feet.
(足が痛い。)

  

 

やり取りイメージ

A : Why are you dragging your leg.
(何で足を引きずっているの?)

B : I’ve got sore feet because I walked a lot yesterday.
(昨日たくさん歩いたから、足が痛いんだよ。)

A : I hope you get better soon.
(早くよくなるといいね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズのポイントは、

3つあります。

  

1)I’ve got

イギリス人は会話において、

「I have」の代わりに、

「I’ve got」を好んで使います。

「I've got」はカジュアルな言い方ですが、

基本、「I have」と同じ意味で使われるんです。

  

2)sore

「sore」【形容詞】:(炎症などで)痛い。ヒリヒリする。筋肉痛だ。

例)I’ve got a sore throat.(のどが痛い。)

   

3)feet

「feet」は「foot」の複数形なので両方の足を意味し、

「foot」はどちらか一方の足を指します。

  

今日のフレーズは、「feet」でしたが、

どちらか片方の足が痛い場合は、

「I’ve got a sore foot.」
(足が痛い。)

となります。

   

注意点は、「foot」は単数形なので、

「I’ve got a sore foot.」と

「sore foot」の前に「a」が必要になります。

   

また、「feet」は、くるぶしから下の部分を指します。

   

腰から下の部分=「脚」は、「legs」です。

※単数形:leg

   

なので、

「太もも」や「ふくらはぎ」が痛い場合は、

I’ve got sore legs.
(脚が痛い。)

と言うことができます。

   

日本語で「足」と「脚」は

あまり区別せずに使われていますが、

英語では明確に分かれているんですね。

   

ちなみに、「筋肉痛だ。」と言いたいときも

「sore」が使えます。

   

I've got sore legs.
(脚が筋肉痛だ。)

My legs are sore.
(脚が筋肉痛だ。)

   

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.