日常会話

「鼻をすすらずにはいられない。」

投稿日:

  

  

今日のフレーズ

I can't stop sniffing my nose.
(鼻をすすらずにはいられない。)

 

 

使うタイミング

鼻をすする時。鼻がむずむずしたり、鼻水が垂れてきそうなので、鼻をすするのをやめられない時。

  

 

やり取りイメージ

------At work------
(職場にて)

Nathalie : Are you okay? You are sniffing your nose a lot.
(鼻をすすっていますが大丈夫ですか?)

Kenneth : I can't stop it because I have allergies.
(アレルギーがあるので、鼻をすすらずにはいられません。)

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズは、「鼻をすすらずにはいられない。」です。

知っている方もいらっしゃるかとは思いますが、イギリスでは人前で鼻をすする事はNGとされています。

私もこちらでイギリス人が鼻をすすっている場面を見たことがありません。

イギリスでは鼻をすするよりも、鼻をかむ方が良いとされています。

職場でも大きな音を出して鼻をかむ人がいますが、誰も何も言いません。

理由を聞いたところ、鼻をすする音を聞くと不快な気持ちになるそうです。

我々日本人からすると、大きな音で鼻をかむ方が耳障りな気がしますが、捉え方が異なるようです。

ちなみに、この前電車に乗っていた際、花粉症でもあったのでついつい電車内で鼻をすすったところ、車掌さんから「鼻をすするのをやめてください。」と注意されました。

大きな音で何度もすすっていたわけではなかったので、多少なりとも驚きました。

隣に座っていたイギリス人の友人が、「イギリス人の自分から見てもあんな注意の仕方はありえない。文化が違うのだからそれを尊重すべきだ。あの注意の仕方自体が非常識だ。」とフォローしてくれましたが、イギリスではやはり鼻をすするのを不快に思う人がいるのだと改めて実感した一件でした。

イギリスやアメリカに行く際は、人前、公共の場で鼻をすするのを控えた方が良いです。

代わりにテッシュを持ち歩き、思いっきり鼻をかみましょう(笑)!

今日は「鼻をすする。」というフレーズでした。

今度「鼻をすすった時」、もしくは「誰かが鼻をすする音を聞いた時」は今日のフレーズを思い出してみてください!


スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.