ビジネス英語 日常会話 決まり文句

「あまり期待しない方がいいよ。」

投稿日:2019年9月22日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

Don't get your hopes up.
(あまり期待しない方がいいよ。)

 

 

使うタイミング

誰かが何かに過度に期待をしている時。

あまり期待値を高めて欲しくない時。

  

 

やり取りイメージ

Nathalie : I'm excited to go to the restaurant for dinner tonight.
(今晩行くレストランすごい楽しみにしています。)

Kenneth : Don't get your hopes up. If your expectation is built up too much, you will be disappointed.
(あまり期待しない方がいいよ。期待しすぎていると、がっかりするから。)

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズは、決まり文句です。

get one's hopes up で、「これから起こる事に対して期待を寄せること。」というイディオムになります。

英英辞典でにおいても、

to be enthusiastic about something that is going to happen.
(これから起こる事について期待をいだく事。)

となっています。

ネイティブと会話している時の体感値から言うと、どちらかというと、get one's hopes up のイディオムで使うより、今日のフレーズの Don't get your hopes up で使う事が多いです。

スポンサーリンク

-ビジネス英語, 日常会話, 決まり文句

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.