ビジネス英語 日常会話

「気が散る。/注意散漫になる。」

投稿日:

  

  

今日のフレーズ

I get distracted.
(気が散る。/注意散漫になる。)

 

 

使うタイミング

何かに集中しようとしても、何か別のことが気になったりして、注意散漫になってしまう状態を表現したいとき。

  

 

やり取りイメージ

------ At work ------
------(職場にて)------

Kenneth : What do you think about working from home?
(在宅勤務についてどう思いますか?)

Nathalie : I would get distracted right away.
(私だったら、すぐに気が散ってしまうと思います。)

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズは、日常会話やビジネスでもよく出てくる言い回しです。

何かに集中したいが、別のことを考えたり、気になったりして、集中できない状態になることってありませんか?

そんなとき、「気が散る。」、「注意散漫になる。」

と言うニュアンスの今日のフレーズが使えます。

   

英英辞典を引くと、以下のように解説があります。

You are not concentrating on something because you are worried or are thinking about something else.
(あなたが何か別のことを心配したり考えてしまって、本来集中しなければならない何かに集中できない状態のこと。)

To make someone stop giving their attention to something.
(誰かが何かに注意を向けることを阻害すること。)

   

今日のフレーズ以外でもこんな使い方があります。

I was distracted by a loud noise.
(私は大きな騒音で気が散って集中できなかった。)

The students are easily distracted when they are tired.
(疲れているとき、生徒たちは簡単に注意散漫になってしまう。)

   

ちなみに、最近日本でも罰則が厳しくなっている、

携帯などを見ながらの車の運転、

いわゆる「ながら運転」は英語で

distracted driving と言います。

スポンサーリンク

-ビジネス英語, 日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.