ビジネス英語 日常会話 決まり文句

「仕方ないですね。」

投稿日:2019年12月15日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

It is what it is.
(仕方ないですね。)

 

 

使うタイミング

以下のように言いたい時。

・仕方がない

・そういうものさ

・これが現実さ

・これがありのままさ

・これは変えることができないから受け入れるしかないさ

  

   

やり取りイメージ

------ At work ------
------(職場にて)------

Kenneth : The conservatives have won the majority in the UK elections.
(保守党が総選挙で過半数を獲得しましたね。)

Nathalie : I can't believe it. I'm feeling so disappointed.
(信じられません。がっかりしています。)

Kenneth : I'm not happy about it either.
(私も残念に思っています。)

Nathalie : Oh well, it is what it is.
(まあ、仕方ないですね。(この現実は変えられないですからね。))

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズは、決まり文句です。

   

変えられない現実を受け入れなければいけない時、

今日のフレーズを使います。

   

日本語で言うところの「仕方ないさ」が一番近い表現かと思います。

   

ロンドンの若者でこのフレーズを使う人は結構います。

   

簡単な単語の組み合わせですが、

このフレーズは老若男女問わず、

ネイティブがよく使う言い回しなので、

覚えておいて損はありません。

   

今度、

「これは仕方がない」、

「変えられない現実だ」と思った時に

この言葉を使ってみましょう。

   

ネイティブスピーカーは

この自然なフレーズを日本人が使うなんて想定していないので

きっと驚きますよ!

      

   

YouTube

この記事は、YouTubeから動画で視聴いただけます。

YouTube版では、この記事の内容を日本語と英語で解説しています。

また、英国人ネイティブスピーカーの補足パートも特別に収録しています。

スポンサーリンク

-ビジネス英語, 日常会話, 決まり文句

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.