ビジネス英語 日常会話 決まり文句

【333】「Short and sweet. 要点だけを簡潔に。」

投稿日:2020年4月30日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

Short and sweet.
(要点だけを簡潔に。)

 

 

使うタイミング

例えば、

時間が限られているので、

「ポイントだけを分かりやすく簡潔に。」

って言いたい時。

  

 

やり取りイメージ

------ At the end of the meeting ------
------(打合せの終了時に)------

A : Okay. That's all for today.
(よし、ではこれで打合せを終わりにしましょう。)

B : Sorry, but I’ve got one more topic to talk about. Have you still got time?
(すみません、もう一つ話したいことがあるのですが、まだ時間ありますか?)

A : I’ve still got time for another 5 minutes. So can you please keep it short and sweet?
(5分だけならいいですよ。要点だけ簡潔に話してもらえますか?)

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズは、

インフォーマルな表現ですが、

日常会話・ビジネスの両方でよく使われる

ポジティブな意味の決まり文句です。

   

「Short and sweet」【イディオム】:

(話・会議・作文など)

「要点だけを簡潔に」、「要点を絞って簡潔に」、

「短くて要領を得た」、「簡潔に分かりやすく」、

「簡にして要を得る(簡単で要領を得ている。)」

   

決まり文句とはいえ、

「Short and sweet.」の意味が

「要点だけを簡潔に。」と聞くと、

「short」の意味は分かるけど、

「sweetって何?」

「甘いって意味だよね?」

「短くて甘いってどういうこと?」

と思うかもしれません。

   

実は、

「sweet」は「甘い」の他にも

「素晴らしい」、「いいね」、

「すごい」、「かっこいい」

という意味があります。

   

例1)何か喜ばしい話を聞いて、とっさに

Sweet!
(素晴らしい!)

   

例2)会話の内容を聞いた上で、相手への肯定として

That’s sweet. 
(いいね、すごいね。)

   

※「Sweet.」は「Cool.」と同様のニュアンス。

   

なので、

「Short and sweet.」で、

「短い&素晴らしい/良い」となり、

「要点だけを簡潔に」ってニュアンスの

決まり文句になります。

   

参考までに「Short and sweet.」は

英英辞典で次の通り説明されています。

   

Surprisingly short in a way that is pleasing
(満足できるのに、驚くほど短い。)

参照:Cambridge Dictionary

   

not lasting a long time but pleasant while it lasts
(長い時間続けない。でも続けている間は快適。)

参照:Oxford Learner's Dictionaries

    

not too long or complicated
(長すぎず、複雑ではない。)

参照:macmillan dictionary

     

例文をあげると次の通りです。

   

The film was short and sweet.
(映画は短くて面白かった。)

His email was short and sweet.
(彼のメールは簡潔で要領を得ていた。)

I want to keep the meeting short and sweet.
(打合せは要点を絞って簡潔にやりたい。)

We have't much time so I’ll keep it short and sweet.
(時間があまりないので、簡潔に話します。)

That's the way we like the meetings - short and sweet.
(簡潔で要領を得た打合せ。そんな打合せがいいよね。)

I’ve got three announcements but I'll keep it short and sweet.
(3点アナウンス事項がありますが、要点だけを手短に話します。)

I’m conscious of time so please keep your comment short and sweet.
(時間が押していますので、コメントは要点を絞って簡潔にお願いします。)

   

全ての場面で「Short and sweet.」が

好まれるわけではありませんが、

電話・メール・会話・資料などを

できる限り「Short and sweet.」にして、

効率的に物事を進めていけるといいですね。

   

スポンサーリンク

-ビジネス英語, 日常会話, 決まり文句

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.