日常会話

【361】「The earlier, the better. 早ければ早いほどいい。」

投稿日:2020年5月28日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

The earlier, the better.
(早ければ早いほどいい。)

  

 

やり取りイメージ

------ Skin care ------
------(肌の手入れ)------

A : I started looking after my skin.
(スキンケア始めたんだよね。)

B : You’re still young. You should’t be worried about it.
(まだ若いんだから、そんなこと心配しなくいいよ。)

A : The earlier, the better.
(早ければ早いほどいいからね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

最近、気温が高くなってきて、

夏が近づいて来ているのを感じますよね。

   

日本の夏は、湿気が多くてムシムシしてますが、

イギリスの夏は、湿度が低くカラッとしています。

   

曇りの日が多く、

天気が悪いイメージのイギリスですが、

夏は最高に過ごしやすい季節で、

イギリス人の誰もが夏を楽しみにしています。

   

特に、6月〜8月は

日が長く(夜10時まで明るい)

快晴の日も多いので、

英国のベストシーズンと言われています。

   

とはいえ、日本と比べると乾燥していて、

シャワーの水も日本と違う硬水のためか

肌がカサカサしてきます。

   

なので、私はイギリスに来てから

寝る前に顔や体中に保湿クリームを塗るようになりました。

   

先日、イギリス人の同僚にそのことを話したら、

そんなこと気にする必要ないよって言われてましたが。。。

   

でもスキンケアは早ければ早い方がいいって言いますからね!

      

さて、今日のフレーズのポイントは、

「the 比較級, the 比較級」です。

   

「〜すればするほど、ますます〜だ。」

という意味です。

   

今日のフレーズ以外の例をあげるとこんな感じです。

  

The shorter, the better.
(手短であればあるほどいい。)

Bring as much food as you can, the more, the better.
(あるだけの食べ物を持ってきて、多くあればあるほどいいから。)

The more I know you, the more I love you.
(あなたのことを知れば知るほど、ますますあなたを好きになる。)

   

ちなみに、

「The sooner, the better.」でも

「早ければ早いほどいい。」

「早いに越したことはない。」

という意味になります。

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.