英国特有表現

【396】「It’s got nothing to do with that. それとこれとは関係ないよ。」

投稿日:2020年7月2日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

It’s got nothing to do with that.
(それとはこれとは関係ないよ。)

  

 

やり取りイメージ

------ At work ------
------(職場にて)------

A : I got a good mark.
(テストでいい点とったよ。)

B : You did it!
(やったね!)

A : Can you buy me a new mobile phone?
(新しい携帯電話買ってくれる?)

B : It’s got nothing to do with that.
(それとこれとは関係ないよ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

「それとは関係ない」、

「それとこれは関係ない」、

「それとは無関係だ」、

と言いたいときに今日のフレーズは使えます。

   

「 A have/has nothing to do with B 」:「AとBは関係ない。」「AとBは無関係だ。」

   

イギリス人は会話の中で、

「have」と同じ意味で「have got」を使います。

    

なので、

「A have/has nothing to do with B 」=「A have/has got to do with B 」

になります。

   

「have/has got to do with 〜 」「AとBは関係ない。」「AとBは無関係だ。」

   

なお、今日のフレーズの「It’s got nothing to do with it.」の

「It’s got」は「It has got」の短縮系です。

    

「have/has nothing to do with」を英英辞典で調べてると、

このように解説されています。

   

to have no connection or influence with someone or something
(誰かや何かと関係や影響がない。)

参照:Cambridge Dictionary

    

使い方の例をあげるとこんな感じです。

   

I’ve got nothing to do with it.
(私はそれとは無関係だ。)

I’ve got nothing to do with this problem.
(私はこの問題とは関係ない。)

He's got nothing to do with her.
(彼は彼女と何の関係もない。)

We’ve got nothing to do with the company that has the offices next door.
(隣のオフィスの会社と私たちは無関係だ。)

She likes to read books that have nothing to do with her work.
(彼女は仕事とは関係ない本を読むことが好きだ。)

    

いろいろな使い方ができますが、

まずは今日のフレーズの型を覚えてしまいましょう。

   

It's got nothing to do with 〜
(〜とは関係ない。)(〜とは無関係だ。)

   

It’s got nothing to do with me.
(それと私とは関係ない。)

It’s got nothing to do with you.
(それとあなたは無関係だ。)

It’s got nothing to do with us.
(それは私たちには関係ない。)

It’s got nothing to do with your job.
(それはあなたの仕事とは関係ない。)

It’s got nothing to do with alcohol.
(それはアルコールとは関係ない。)

   

スポンサーリンク

-英国特有表現

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.