ビジネス英語

【410】「There are no urgent needs. 緊急の用件ではない。」

投稿日:

  

  

今日のフレーズ

There are no urgent needs.
(緊急の用件ではない。)

  

 

やり取りイメージ

------ At work ------
------(職場にて)------

A : Mr Johnson wants to have a meeting today.
(ジョンソンさんが今日打合せをしたいと言っています。)

B : We had a meeting yesterday. What does he want to talk about?
(昨日、打合せしたばかりだけど。何について話したいのかな?)

A : He wants to talk about the project Z.
(プロジェクトZについてです。)

B : With regards to the project, there are no urgent needs.
(そのプロジェクトについてなら、急ぎの必要性はないよ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

仕事をしていると、

急ぎの用件って入ってきますよね。

   

本当に急ぎの用件はすぐに対処しなければいけませんが、

そこまで急務ではないって言いたいとき、

今日のフレーズが使えます。

   

今日のフレーズ自体は決まり文句ではないですが、

ビジネスシーンでよく使われる表現で、

私の同僚のイギリス人も好んで使っています。

   

私も彼の英語をまねて、

仕事のメールで使用しています。

   

さて、英語の側面から今日のフレーズをみると、

キーワードは「urgent」です。

   

「urgent」【形容詞】: 緊急の、急を要する、至急の

   

「urgent」を英英辞典で調べてみると、

このように解説がなされています。

   

very important and needing attention immediately
(とても重要で、すぐに注意を払う必要があること。)

参照:Cambridge Dictionary

    

「urgent」を使った例文は次のとおりです。

   

It’s urgent.
(急ぎなんだよ。)

It’s not urgent.
(緊急ではないよ。)

Is it urgent?
(それ急ぎなの?)

Will you tell her it's urgent?
(彼女に緊急の用件だって伝えてくれない?)

There was an urgent need for him to collect funds.
(彼は急いで資金を集める必要があった。)

There are no urgent needs for us to have a meeting.
(急いで打合せをする必要性はない。)

    

スポンサーリンク

-ビジネス英語

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.