英国特有表現

【412】「It’s doing my head in. イライラさせられる。」

投稿日:

  

  

今日のフレーズ

It’s doing my head in.
(イライラさせられる。)

  

 

やり取りイメージ

------ At work ------
------(職場にて)------

A : He often makes a U-turn on what he initially decided.
(彼はよく方針を180度転換するよね。)

B : Yes, it’s doing my head in.
(そうだよね。頭にきちゃう。)

  

  

〜 Tea Break 〜

例えば、

仕事中に工事の騒音がずっと聞こえてきて集中できないとき、

資料作成している最中にパソコンが急に固まってしまったとき、

Web会議に接続しようとしているのに何度試してもつながらないとき、

ちょっとイライラしてきちゃいますよね。

   

そんなとき、

今日のフレーズが使えます。

    

今日のフレーズは、

イギリス英語特有表現であり、

会話で使われるカジュアルな言い回しです。

   

「do one’s head in」:イライラさせられる。フラストレーションがたまる。頭にくる。迷惑だ。面倒だ。やっかいだ。

    

英英辞典にはこのように解説されています。

   

to make someone feel confused or unhappy
(人を困惑させたり、イヤな気持ちにさせること。)

参照:Cambridge Dictionary

   

ちょっと日本語にするのが難しい表現だったので、

ネイティブに「It’s doing my head in.」を

別の英語で言い換えると何と言うか確認したところ、

「It’s frustrating.」
(イライラする。)

と同じ意味だと教えてもらいました。

   

参考までに、「do one’s head in」を使った

例文はこんな感じになります。

   

He was doing my head in.
(彼にイラッとさせられた。)

Getting to work by five o’clock every morning is doing my head in.
(毎日朝5時までに仕事に行かなければいけないのは面倒だ。)

I don't like it because it does my head in.
(それってちょっと面倒だから、好きじゃないんだよね。)

    

「イライラさせられる」という表現は、

「It’s frustrating.」、

「It’s annoying.」など

いろいろありますが、

ぜひ今日のイギリス英語特有の表現である

「It’s doing my head in.」も、

あなたのレパートリーに加えてみてください!

    

   

スポンサーリンク

-英国特有表現

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.