日常会話

【544】「みんな発狂しちゃうだろう。 We would have all gone mad.」

投稿日:2020年11月27日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

We would have all gone mad.
(みんな発狂しちゃうだろう。)

     

          

やり取りイメージ

------ Pandemic ------
------(パンデミック)------

A : I can’t imagine this pandemic without the internet.
(インターネットがない今回のパンデミックなんて考えられないよ。)

B : Yes, for sure we would have all gone mad.
(そうだよね。インターネットがなかったら、みんな狂っちゃってただろうね。)

A : Thank you to whoever invented the internet!
(インターネットを発明した人に感謝だね!)

  

  

〜 Tea Break 〜

昔学校で「仮定法過去完了」って習いましたよね。

     

If I had 過去分詞A , I would have 過去分詞B …
(もしAだったら、Bだっただろうに。)

     

「仮定法過去完了」って聞くと、こんなに長い構文覚えられないし、とっつきづらいって思ったかもしれまん。

     

でも大丈夫です。

    

ネイティブと会話は、ここまでしっかり構文を使うことってほとんどありません。

    

通常、ネイティブは、構文の後半部分しか使わないんです。

     

この赤字の部分です。↓

    

If I had 過去分詞A , I would have 過去分詞B …
(もしAだったら、Bだっただろうに。)    

      

今日のフレーズはまさに、この後半部分(赤字の部分)だけを使っています。

     

We would have all gone mad.
(みんな発狂しちゃうだろう。)

      

「go mad」:発狂する、おかしくなる、気が狂う

     

前半部分もいれてフルセンテンスにすると、

If we hadn't had the internet, we would have all gone mad.

になります。

    

でも、前半部分は会話の流れ上、当たり前なのでわざわざ言話ないんです。

    

つまり、「〜だっただろうに。」って言いたいとき、

「I would have 過去分詞 …」が使えます。

    

今日のフレーズ以外の例をあげるとこんな感じです。

     

(If you hadn't invited me, )I wouldn't have gone surfing.
(もしあなたが誘ってくれなかったら、)サーフィング行くことはなかっただろう。

      

(If I had been you,) I wouldn’t have turned down that offer.
(もし私があなただったら、)そのオファーを断ることはしなかっただろう。

     

(If you had asked me, ) I would have gone with you.
(もし、声をかけてくれたら、)あなたと一緒に行っただろうに。

     

今度、仮定法過去完了などど、かたく考えず、「〜だっただろう。」って言いたいときは、「I would have 過去分詞 …」を使ってみてはどうでしょうか。

     

      

      

       

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.