ビジネス英語

【701】「物事を広い視野で見なきゃね。 I need to put things in perspective. 」

投稿日:2021年5月3日 更新日:

  

今日のフレーズ

I need to put things in perspective.
(物事を広い視野で見なきゃね。)

  

     

やり取りイメージ

------ Perspective ------
------(視野)------

A : Just now Mike was very rude to me.
(さっき、マイクからひどい態度をされたよ。)

B : Don't forget he has just lost his father.
(彼ちょうど父親を亡くしたところだからね。)

A : That’s true. I need to put things in perspective.
(そうだったね。広い視野でみなきゃね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

「perspective」【名詞】って「視点」、「見方」という意味でよく知られていますが、「(状況や事実の)全体像、大局観」という意味もあります。

      

そして、「put 〜 in perspective」で「広い視野で~を見る」、「大局的な視点から~を眺める」、「〜を視野に入れて見直す」、「〜と比較してみると」という意味になるんです。

      

英英辞典で「put 〜 in perspective」を調べてみるとこのように載っています。

     

to compare something to other things so that it can be accurately and fairly judged
(何かと何かを比較することで、正確かつ公平に何かを判断することができること。)

参照: Cambridge Dictionary

      

ちなみに、「keep 〜 in perspective」だと、「事実を正しくとらえておく。」というニュアンスになります。

     

英英辞典ではこのように載っています。

     

to think about a situation or problem in a wise and reasonable way
(状況や問題について賢明でリーズナブルな方法で考えること。)

参照: Cambridge Dictionary

    

ということであらためて今日のフレーズは、

I need to put things in perspective.
(物事を広い視野で見なきゃね。)

でした。

     

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

     

     

      

スポンサーリンク

-ビジネス英語

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.