日常会話

【830】「ちょっとムズかしいかな。 That's gonna be tricky.」

投稿日:

  

今日のフレーズ

That's gonna be tricky.
(ちょっとムズかしいかな。)

  

     

やり取りイメージ

------ Talking with a friend ------
------(友人と)------

A : Shall we meet up on Sunday?
(日曜日に会わない?)

B : That’s gonna be tricky because my sister is coming to stay this weekend.
(妹が泊まりに来るから、ちょっとムズかしいかな。)

A : No worries. Let me know when you are free.
(わかった。フリーな日がいつか教えて。)

  

  

〜 Tea Break 〜

「tricky」(トリッキー )には、大きく分けて2つの意味があります。

    

1つ目の「巧妙な」、「ずるい」は有名ですよね。

     

2つ目は、「扱いづらい」、「やりにくい」、「きわどい」、「微妙な」という意味です。

     

今日のフレーズは、この2つ目の意味合いで用いられています。

     

That's gonna be tricky.
(ちょっとムズかしいかな。)

     

参考までに英英辞典でも意味を調べてみましょう!

    

1)

likely to deceive people

    

例文)

He's a tricky one.

  

2)   

If a piece of work or problem is tricky, it is difficult to deal with and needs careful attention or skill:

例文)

It's tricky to learn to ride a skateboard, but you never forget how.

    

I'm in a tricky situation - whatever I do I'll offend someone.

    

参照: Cambridge Dictionary

     

2つ目の意味として、「仕事や問題がトリッキー というのは、取り扱いが難しく、注意やスキルが必要になる。」と言っています。

     

ちなみに、「難しい」と言いたいたら、「difficult」でもいいのではと思われるかもしれません。

    

そうなんです。

   

「That's gonna be difficult.」でも間違いではありませんが、「That’s gonna be tricky.」と比べると少し堅い表現になりますので、ネイティブの会話ではThat’s gonna be tricky.」の方がよく使われています。

     

と言うことで、あらためて今日のフレーズは、

That's gonna be tricky.
(ちょっとムズかしいかな。)

でした。

    

ちょっとムズかしい、やりにくい、微妙、って言いたいときにぜひ思い出してください。

    

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

     

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.