ビジネス英語

【890】「ゴールをもっと明確にしないといけない。We need to articulate the goal more clearly.」

投稿日:2021年11月8日 更新日:

  

今日のフレーズ

We need to articulate the goal more clearly.
(ゴールをもっと明確にしないといけない。)

  

     

やり取りイメージ

------ At work ------
------(職場にて)------

A : This proposal still isn’t clear for me.
(この提案、まだモヤモヤするんだよね。)

B : Yes, I agree. We need to articulate the goal more clearly.
(そうですね。ゴールをもっと明確に言わないといけないですね。)

A : Okay, let’s do it.
(そうだね、ではそうしよう。)

  

  

〜 Tea Break 〜

新しい企画についてイギリス人と話をしていると、今日のフレーズを使われることがあります。

     

「articulate」【他動詞/自動詞】: 考えを明確に述べる。はっきりと発音する。

【発音】: ɑːtíkjuleit | アーティキュレイトゥ

     

英英辞典でも意味を調べてみましょう。

     

※Verb formal

     

(意味1)

to express in words
(言葉にして説明する/述べる。)

    

(例文)

I found myself unable to articulate my feelings.
(自分の感情を言葉にするのが難しかった。)

Many people are opposed to the new law, but have had no opportunity to articulate their opposition.
(多くの人が新しい法律に反対していたが、その意見を述べる場がなかった。)

    

(意味2) 

to pronounce
(発音する。)

    
(例文)

When children first learn to talk, there are some sounds that they find difficult to articulate.
(子供が初めて話せるようになるとき、いくつかの音を発音するのが難しいことが分かる。)

      

参照: Cambridge Dictionary

     

イギリス人にも「articulate」【動詞】の意味を聞いてみたところ、

「articulate」=「we need to clarify/explain」

と言っていました。

     

何かを明確にしたり、説明する必要があると言いたいときに使われるんですね。

    

また、イギリス人曰く、「articulate」【動詞】は堅いフォーマルな表現なので、ビジネスで使うことが一般的なんだそうです。

     

ということで、あらためて今日のフレーズは、

We need to articulate the goal more clearly.
(ゴールをもっと明確にしないといけない。)

でした。

     

今度、仕事中に、目指すべきゴールが分からないとき、今日のフレーズを使ってみてくださいね。

    

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

     

参考までに、別の記事で「articulate」【形容詞】の使い方を取り上げていますので、ぜひご覧ください。

      

       

スポンサーリンク

-ビジネス英語

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.