日常会話

【909】「子どもの頃を思い出すなぁ。 It took me right back to my childhood.」

投稿日:2021年11月27日 更新日:

     

今日のフレーズ

It took me right back to my childhood.
(子どもの頃を思い出すなぁ。)

  

     

やり取りイメージ

------ Perfume ------
------(香水)------

A : The smell of her perfume took me right back to my childhood.
(彼女の香水、なんか懐かしい、子どものころを思い出したよ。)

B : Why is that?
(なんで?)

A : Because my mum used to wear the same perfume.
(母がよく使ってた香水と同じ香りがするんだ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

ロンドンの街中を歩いていると、色々な香水の香りが漂ってきます。

    

ロンドンは世界有数の観光地なので、様々な国から色々な人がやってきているからでしょう。

     

イギリスにもイギリス発祥の有名な香水ブランドがたくさんあります。

     

Jo Maron(ジョー・マローン)

     

たとえば、日本人もよく知っている「Jo Maron(ジョー・マローン)」。

    

このブランドの香水をイギリスのお土産として日本に持って帰ると喜ばれるんですよね。

    

他にも、英国王室御用達の「PENHALIGON'S(ペンハリガン )」、英国王室御用達であり、エリザベス女王も愛用しているイギリスで一番古い香水ブランド「FLORIS(フローリス)」(1730年創業)などです。

     

ちなみに、歴史上もっとも偉大な首相として尊敬されているチャーチル元首相は「PENHALIGON'S(ペンハリガン )」を愛用していました。

    

普段香水をつけない私ですが、彼は名演説家として有名なので、大事なプレゼンがある日は、ゲンをかついで、ペンハリガンの香水を少しだけつけて気持ちを高めたりしてました。

     

FLORIS(フローリス)

      

PENHALIGON'S(ペンハリガン )

     

今日のフレーズのポイント

     

「It takes me back.」だけでも「懐かしい」、「昔を思い出す」という意味になります。

     

つまり「It took me back.」=「懐かしかった。」になり、「It took me right back to my childhood.」とすると、具体的にどの時代を思い出したのかを表現できます。

     

たとえば、「to my childhood.」の部分を変えて、

「It took me right back to my school days.
(学生時代を思い出した。)

「It took me right back to my university days.
(大学時代が懐かしいなぁ。)

という感じです。

     

「懐かしい。」を英語で言うと、いくつかの言い回しがありますが、今日のフレーズは、強く記憶に残っているものを思い出したときに使える表現です。(It brought back a strong memory.)

      

ということで、あらためて今日のフレーズは、

It took me right back to my childhood.
(子どもの頃を思い出すなぁ。)

でした。

      

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

    

「懐かしい。」の他のフレーズはこちらからご覧ください〜!

     

       

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.