日常会話

【941】「そうなるといいね。 Here’s to that.」

投稿日:2021年12月29日 更新日:

  

今日のフレーズ

Here’s to that.
(そうなるといいね。)

  

     

やり取りイメージ

------ Wish ------
------(願い)------

A : Let’s hope this time next year covid will not affect Christmas or new year.
(来年の今頃はコロナの影響がないクリスマスやお正月になるといいね。)

B : Here’s to that.
(そうなるといいね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

今年も後3日となってきました。

     

コロナの爆発的な流行が収まらない期間が長く、いろいろな制約がある中での日常生活だったかなと思います。

      

来年の今頃は、状況が変わっているといいですね。

     

今日のフレーズのポイント

     

「Here’s to 〜」: 〜に祝して乾杯。〜になりますように。〜になるといいね。

     

英英辞典でも「Here's to 〜」の意味を調べてみましょう。

     

said when asking a group of people to hold up their glasses and then drink as an expression of good wishes to someone or hope for the success of something

      

例文)

Here's to the happy couple!
(幸せな二人に!)

      

参照: Cambridge Dictionary

      

「Here's to 〜」は乾杯の際に使われますが、イギリス人に「Here's to that.」の意味を確認したところ、

=I agree.
=I wish the same.

という意味合いもあるとのこと。

     

「Here's to 〜」は「Predominantly used for agreeing to a toast」(主に乾杯のときに使われる)とのことですが、「I agree. / I wish the same.」(私もそうなることを願っている)というニュアンスもあるんですね。

     

ということで、今日のフレーズは、

Here’s to that.
(そうなるといいね。)

でした。

    

今度、誰かが「こうなったらいいな」という願いを言ったことに対して、同意したいとき「I wish the same.」の代わりに使ってみてください。

      

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

     

追伸:記事のはじめに載っている写真はロンドンのハイドパークで毎年クリスマスから年末年始にかけて開催される「Hyde park Winter Wonderland」の風景です。

    

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.