日常会話

【1020】「今度ロンドン来るとき連絡してね。Give me a shout when you are next in London.」

投稿日:2022年3月18日 更新日:

  

今日のフレーズ

Give me a shout when you are next in London.
(今度ロンドン来るとき、連絡してね。)

  

     

やり取りイメージ

------ With a friend ------
------(友人と)------

A : It’s a shame we haven’t had much time to talk.
(あんまり話す時間なかくて残念だね。)

B : Yeah give me a shout when you are in London.
(そうだね、次またロンドン来るときは連絡してよ。)

A : Well I’m back in summer. I’ll drop you a line then.
(夏には来るよ、その時は連絡するね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

最近暖かくなってきましたね。

  

桜が咲き始めて、春の到来を感じている方も多いのではないでしょうか?

  

日本では春の訪れを象徴する花は桜ですが、イギリスでは「The Daffodils」(ザ ダッフォディルズ)=(ラッパズイセン)が春の訪れを告げる花として有名です。

  

 

この黄色い花を見ると、イギリス人は春の訪れを感じるんです。

 

さて、今日のフレーズのポイントは2つです。

 

一つ目は「Give me a shout.」で「声かけてね」、「連絡してね」という意味でカジュアルに使えるフレーズです。

 

「〇〇したら、言ってね・声かけてね。」という意味合いで使うことができ、使い勝手がいい表現です。

 

 

2つ目のポイントは、「次にロンドンに来るときは」=「When you are next in London.」です。

 

「London」の部分を変えて自分の住んでいる国や都市名を入れてみましょう。

 

例えばこんな感じです。

 

Give me a shout when you are next in Tokyo.
(今度東京来るとき、連絡してね。)

 

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

 

追伸: 春に関する英語フレーズはたくさんあります!

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.