日常会話

【1029】「私の話を鵜呑みにしないで。 Don't take my word for it.」

投稿日:2022年3月27日 更新日:

  

今日のフレーズ

Don't take my word for it.
(私の話を鵜呑みにしないで。)
(私の言うことをそのまま信じないで。)

  

     

やり取りイメージ

------ At work ------
------(職場にて)------

A :  I heard the restaurant is really good.
(あのレストラン、とても美味しいって聞いたよ。)

B : Ok thanks I’ll book a table there.
(お、ありがとう、予約してみる。)

A : Don't take my word for it.  Best to read some reviews online.
(私の言うことそのまま信じないでね。オンラインの口コミとかも見た方がいいよ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

自分が言ったことを、よく考えないまま、言葉通りそのまま受け取らないでね、って言いたいとき、日本語では「鵜呑みにしないで。」と言いますよね。

  

そんなとき使えるのが今日のフレーズです。

  

Don't take my word for it.
(私の話を鵜呑みにしないで。)
(私の言うことをそのまま信じないで。)

  

「take my word for it」: (私の言っていること)信じて。間違いないよ。本当だよ。

  

「take my word for it」の意味を英英辞典でも調べてみましょう。

  

If you say to someone 'take my word for it', you mean that they should believe you because you are telling the truth.

  

You'll buy nothing but trouble if you buy that house, take my word for it.

  

参照: Collins Dictionary

  

イギリス人にも「take my word for it.」の意味を確認したところ、

=100% believe what you say

=You’ve got great confidence.

とのこと。

 

つまり、「Take my word for it.」は、「(私の言っていることを)信じていいよ(真実を語っているから)」というニュアンスになるんですね。

  

「Take my word for it.」(信じていいよ。)もネイティブが使うフレーズですが、今日のフレーズはこの「Take my word for it.」を否定文にした言い回しです。

 

この「Don't take my word for it.」の意味もイギリス人に聞いてみたところ、

=You do your own research.

=Don't just rely on my opinion

=Don’t just listen to me

であると、教えてくれました。

 

つまり、「私の言葉をそのまま聞いて、信じないで、自分で調べて」=「私の言葉をそのまま受け取らないで。私の言葉を鵜呑みにしないで。」というニュアンスなんですね。

 

今日のフレーズ「Don't take my word for it.」は「Neutral」な表現なので、友人・家族とのカジュアルな会話だけでなく、ビジネスなどのフォーマルな場面でも使ってOKです。

 

また、文語で使われることはなく、基本会話で使われます。

 

イギリス人曰く「Good to know」な表現でもあります。

 

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

 

追伸: 冒頭の写真はロンドン中心部にあるショッピング街「Leadenhall market」(レンデンホールマーケット)です。

 

アーケードの下に数々のショップが軒を連ねている、優美な雰囲気のマーケットです。

 

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.