ビジネス英語

【1031】「さらに本腰を入れてやろう。 Let’s double down on this.」

投稿日:2022年3月29日 更新日:

Aerial view on thames and london city at spring

  

今日のフレーズ

Let’s double down on this.
(さらに本腰を入れてやろう。)

  

     

やり取りイメージ

------ At work ------
------(職場にて)------

A : I really believe this would be good for our business. It’s such a shame the MD doesn’t agree.
(これはうちの会社のビジネスに貢献できると信じているんだよね。社長に納得してもらえないなんて残念だ。)

B : I’m not going to give up. Let’s double down on this. We need to think of a different approach.
(私はあきらめないよ。さらに本腰入れてやろう。別のアプローチを考えないといけない。)

  

  

〜 Tea Break 〜

仕事で何かを進めようとするとき、思い通りにならないことってありませんか?

  

でも、そんな状況だからこそ、断固たる決意をさらに強く持ち、事にあたることってありますよね。

  

そんなとき、今日のフレーズが使えます。

  

Let’s double down on this.
(さらに本腰を入れてやろう。)
(断固たる決意を持ってやる。)

  

「double down on 〜」: 〜を強化する

  

イギリス人にも「double down on 〜」の意味を確認したところ、

=To continue doing something but in an even more determined way than before

=Re-double our effort 

=Let’s not give up. Let’s keep going. Let’s give it a best shot. But they don’t include the fact you are giving more effort.

とのこと。

  

つまり、「何かをこれまで以上の決意と努力でやり続ける」という意味なんですね。

 

また、「Let’s double down on this.」は、「Let's not give up.」、「Let's keep going.」、「Let's give it a best shop.」に近いフレーズではありますが、微妙に違いがあります。

 

それは、これらのフレーズは、「もっと努力する・労力をかける」という意味合いは含まれていませんが、「Let’s double down on this.」は、「もっと努力する・労力をかける」という意味が含まれているところです。

 

今日のフレーズは、ビジネス会話でよく使われる表現です。

 

口語なので、文章で使われることはあまりありません。

 

ではまた明日フレーズでお会いしましょう!

 

スポンサーリンク

-ビジネス英語

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.