英国人のユーモア 英国特有表現

【1249】「ようやく分かった。I finally twigged.」

投稿日:2022年11月2日 更新日:

  

今日のフレーズ

I finally twigged.
(ようやく分かった。)

  

     

やり取りイメージ

A : At first I couldn't understand what he was taking about, but after a while I finally twigged.
(最初は彼が言っていることが理解できなかったけど、時間が経ってから、ようやく分かったよ。)

B : What did he want?
(彼何を聞いてたの?)

A : He was asking for directions to the London Eye.
(彼はロンドンアイへの行き方を知りたかったんだ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

 今日のフレーズのポイントは、「to twig」【動詞】です。

 

ではさっそく、英英辞典で意味を調べてみましょう!

 

UK informal

 

to suddenly realize something:

 

[ + question word ] Then he twigged what I meant.

She's six months pregnant, and he still hasn't twigged.

 

参照: Cambridge Dictionary

 

イギリス人にも意味を確認したところ、

=「verb : to realise or understand something」

とのこと。

 

つまり、イギリス英語特有の表現で、「何かを理解する、わかる」という意味なんですね。

 

動詞で使う場合は、「I finally twigged.」のように過去形で使うのが一番多いです。

 

「I finally twigged.」=「I finally got it.」なんです。

 

「I finally got it.」と言うよりも、「I finally twigged.」の方がカジュアルで面白い響きがある言い回しになります。

 

なので、親しい間柄の友人・家族には使いますが、ビジネスでは「too casual」になってしまうので使わない方がいいです。

 

なお、「twig」は名詞で「a very small branch」(小枝)を意味します。

 

さいごにイギリス人の発音はこちらです!

 

 

ではまた明日のフレーズでお会いしましょう!

 

動画で学ぶ

 

イギリス英語のいろいろな表現を「YouTube」でもご紹介しています!

 

イギリス人のネイティブの発音とともにお届けしていますので、ぜひご覧ください!

 

https://www.youtube.com/channel/UCxsKGDVFHY2PRIKVzXpCGKA

 

 

スポンサーリンク

-英国人のユーモア, 英国特有表現

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.