ビジネス英語 日常会話

「それはよかったですね。(それを聞けてほっとしました。)」

投稿日:2019年9月1日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

I’m glad to hear that.
(それはよかったですね。(それを聞けてほっとしました。))

   

   

使うタイミング

同僚や知人から話を聞いた後、「それを聞けてよかった。」、「それを聞けてほっとした。」と返答したい時。

    

   

やり取りイメージ

------ At work -----
------(職場にて)------

Nathalie : Did you work during your holiday?
(休み中に仕事しましたか?)

Kenneth : No, I didn't.
(いや、してませんよ。)

Nathalie : I'm glad to hear that.
(それを聞けてよかったです。(それを聞けてほっとしました。))

       

    

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズは、「それを聞けてほっとしました。」です。

   

このフレーズは本当によく日常会話に登場します。

    

決まり文句のようなものです。

    

誰かから何かを聞いて、

「ほっとした」、「安心した」、「聞けてよかった」

と返答したい時に使えます。

   

「glad」の意味は「嬉しい」ですが、

ニュアンスとしては、「感謝の気持ち」と

「ほっとした」「安心した」が含まれます。

   

ちなみに、「嬉しい」というと

「happy」を思い浮かべる方も多いかと思います。

   

参考までに、「glad」と「happy」の違いは、

「glad」が「感謝の気持ち」と「ほっとした気持ち」、

「安心した気持ち」に対して、

「happy」は「幸せな気持ち」、

「満足した気持ち」のニュアンスで使われます。

   

感覚としては、「glad」は、

「その時の気持ち」に強く焦点を当てているのに対して、

「happy」はもっと「継続的な気持ち」に焦点が当てられています。

    

スポンサーリンク

-ビジネス英語, 日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.