日常会話 決まり文句 英国特有表現

「寒波が来ている。」

投稿日:2019年10月7日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

Beast from the East.
(寒波が来ている。)

 

 

使うタイミング

東から大寒波がきて、寒くて、冬のような天候になった時。

  

 

やり取りイメージ

------ At work ------
------(職場にて)------

Kenneth : It's really cold this morning.
(今朝寒かったですね。)

Nathalie : It was 4 degrees in the morning. Beast from the east.
(そうですね、今朝は4度まで下がったらしいですよ。寒波が来てますね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズは、英国特有表現です。

直訳すると、「東からやってくる獣」。

ロシアやヨーロッパ大陸からの寒気が偏東風によって英国に流れ込んで来て、気温が下がった時に使う表現です。

ちょっと難しめに書きましたが、要するに、寒波が来た時に使われ、気温が急激に下がり、冬のような天候になっている状態をさします。

Beast from the East とは、この寒気につけれらた「呼び名」です。

特に昨年は、この表現がよく天気ニュースで取り上げられていました。

そのためか、日常会話で、急激な寒さが来た時、この表現を使うことがあります。

今年の英国は、10月に入ったばかりにも関わらず、寒い日が続いています。

外出する時にはコートとマフラーがないと、少し外を歩いただけでも、寒くて体が冷えてしまいます。

あまり知られていないですが、イギリスは緯度が高く、イギリスの比較的南にあるロンドンでも北海道よりも北にあります。

参考までに、世界の主要都市と日本の都市の緯度(北緯)を比較するとこんな感じです。

日本の都市はヨーロッパの主要都市より南に位置している事がわかります。

北極 : 90度

レイキャビック(アイスランド) : 64度 ※世界で最も北にある首都。

ストックホルム(スウェーデン) : 59度

モスクワ(ロシア) : 55度

ベルリン(ドイツ) : 52度

ロンドン(イギリス) : 51度

パリ(フランス) : 48度

シアトル(アメリカ) : 47度

ジュネーブ(スイス) : 46度

札幌(日本) : 43度

ボストン(アメリカ) : 42度

バルセロナ(スペイン) : 41度 ※暖かいイメージだが青森より北にある。

ローマ(イタリア) : 41度

ニューヨーク(アメリカ) :40度

青森(日本) : 40度 ※ニューヨークと同じ緯度。

北京(中国) : 39度

アンカラ(トルコ) : 39度

ワシントン(アメリカ) : 38度

長野(日本) : 37度

東京(日本) : 35度

大阪(日本) : 34度

ダマスカス(シリア) : 33度

エルサレム(イスラエル) : 31度

鹿児島(日本) : 31度 ※暑いイメージの中東とエジプトとほぼ同じ緯度。

カイロ(エジプト) : 30度

那覇(日本) : 26度

ホノルル(アメリカ) : 21度

シンガポール : 1度

赤道 : 0度

スポンサーリンク

-日常会話, 決まり文句, 英国特有表現

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.