決まり文句

【592】「何も思い浮かばない。 Nothing springs to mind.」

投稿日:2021年1月14日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

Nothing springs to mind.
(何も思い浮かばない。)

  

     

やり取りイメージ

------ Couple ------
------(カップル)------

A : Shall we watch a film tonight?
(今晩映画でも観ようか?)

B : Sounds good to me.
(いいね!)

A : Do you have any suggestions?
(何か観たい映画ある?)

B : Nothing springs to mind. I’ll let you choose.
(何も思い浮かばないな。選んでいいよ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

急に質問をされたり、意見を求められたりしたとき、すぐに適当な答えが思い浮かばないときってありますよね。

     

そんなとき、今日のフレーズが使えます。

     

Nothing springs to mind.
(何も思い浮かばない。)

      

「〜 spring to mind」: 〜が頭に浮かぶ、〜が心に浮かぶ

      

今日のフレーズは決まり文句なので、このまま覚えてしまって使うのが一番です。

     

え、ちょっと待って、「何も思い浮かばない。」は、「Nothing comes to mind.」ではダメなの?と思われたかもしれません。

    

そうなんです。「Nothing comes to mind.」と今日のフレーズ「Nothing springs to mind.」は同じ意味なんです。

     

なので、「何も思い浮かばない。」って言いたいときはどちらを使ってもOKです。

      

念のため、2つの違いを解説すると、ネイティブ の感覚としては、「Nothing springs to mind.」の方が英語的にはダイナミックでBetterな言い回しになります。

    

ちなみに、「spring」と聞くと「春」を連想するかもしれませんが、今日のフレーズの中では「バネが跳ねる」、「急に跳び上がる」という動詞の意味合いで使われていて、「頭の中にアイデアがバネのようにボヨーンボヨーンって飛び込んでこない。」といったニュアンスで使われています。

      

あらためて今日のフレーズは、

Nothing springs to mind.
(何も思い浮かばない。)

でした。

      

今度、何かを聞かれたのに何も考えが浮かばないとき、今日のフレーズを思い出してみてくださいね!

        

最後に、参考までに今日のフレーズと同じような言い回し「パッと思い浮かばない。/すぐには思いつかない。」を以前の記事で取り上げていますので、復習してみてください!答えは こちら からご覧になれます。

      

             

      

スポンサーリンク

-決まり文句

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.