日常会話

【598】「すみません、急いでるんです。 Sorry, I’m in a rush.」

投稿日:2021年1月20日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

Sorry, I’m in a rush.
(すみません、急いでるんです。)

  

     

やり取りイメージ

------ In the station ------
------(駅の構内にて)------

A : Please could I ask you to donate to this charity?
(このチャリティーへ寄付をお願いします。)

B : Sorry, I’m in a rush. I’ve got to catch my train.
(すみません、急いでいるんです。電車に乗らないといけなくて。)

A : No worries.
(大丈夫ですよ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

何かを頼まれたりしたとき、力になりたいけど、どうしても急いでいて難しいことってありませんか?

     

例えば、街角でアンケートに答えてもらいたいと言われたけど、自分は予定があって、その時間が取れない、ってことありますよね。

     

他にも、仕事中、会議時間が終了した後に「まだ時間ありますか?」って聞かれれたけど、自分は急いで次の会議に行く必要があるので「ちょっとごめん、今急いでるんで。」って言いたいときもあるかと思います。

      

こんな感じで、「すみません、今急いでるんです。」って言いたいときネイティブは今日の言い回しを使います。

     

Sorry, I’m in a rush.
(すみません、急いでるんです。)

    

「I’m in 〜」: 〜の中にいる。〜の最中  

     

「rush」【名詞】: 急ぐこと、急ぐ必要

【発音】: rʌ́ʃ | ラシュ

      

「I’m in 〜」(〜の最中)なので、「a rush」(急ぐこと)の最中にいる。→「急いでいる。」というニュアンスになります。

     

なお、「I'm in a rush.」だけだと、相手に失礼な表現になりますので、今日のフレーズのように「I’m in a rush.」の前に「Sorry.」をつけてセットにして使うのがイギリス流です。

     

ということであらためて今日のフレーズは、

Sorry, I’m in a rush.
(すみません、急いでるんです。)

でした。

      

復習までに「急ぎ」から連想するフレーズとして、以前「急いで行かなくちゃ。」を取り上げました。

     

「急いで行かなくちゃ。」のフレーズを思い出してみて、こちらから答えを確認してみてください。

     

ではまた!

      

     

英語フレーズをどんどん使って自分のものにしていきましょう。

オンライン英会話でネイティブと会話し「英語が通じる体験」をすると英語がどんどん楽しくなりますよ!  

       

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.