決まり文句

【379】「It’s no biggie. 大したことじゃないよ。」

投稿日:2020年6月15日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

It’s no biggie.
(大したことじゃないよ。)

  

 

やり取りイメージ

------ In the pub ------
------(飲み屋にて)------

A : Mike will be late. I ordered beer for him.
(マイクは遅れてくるから、彼のためにビール頼んでおいたよ。)

B : He likes whisky better, isn’t he?
(あれ、彼ってウィスキーの方が好きじゃなかったっけ?)

C : It’s no biggie. He likes beer as well. Basically he drinks everything.
(大したことじゃないよ。ビールも好きだよ。そもそも彼は何でも飲むからね。)

  

  

〜 Tea Break 〜

今日のフレーズは、カジュアルな表現です。

   

誰かが何かを心配しているときに、

「大したことないよ」って

言いたいときに使えます。

   

今日のフレーズの解説をすると、

「biggie」(ビギー)は、

「big deal」=「大したこと。大きなこと。」を

短縮した形です。

   

なので、「It’s no biggie.」で、

「大したことない。」という意味になります。

    

「It’s no biggie.」は、

「It’s no big deal.」、「It’s not a big deal.」

と同じ意味ですが、

「It’s no biggie.」の方が

もっとフレンドリーな感じで使えます。

   

また、「It’s」を省略して、

「No biggie.」のみで使われることもあります。

   

参考までに、

「No biggie.」を英英辞典でひいてみると、

このように解説されています。

   

used to say that something is not a serious problem
(何かが深刻な問題ではないと言うときに用いられる。

参照:Cambridge Dictionary

   

「No biggie.」のイメージをつかむために、

やりとりイメージをもう少しご紹介します。

   

A:Oh, I’m sorry.
(あ、ごめんなさい。)

B:That’s okay, no biggie.
(大丈夫、大したことないよ。)

    

A:Sorry I'm late.
(遅れてごめん。)

B: No biggie. I'm not in a hurry."
(大丈夫だよ。急いでないから。)

   

A:I lost my job yesterday.
(昨日、職を失ったんだ。)

B:I’m sorry to hear that.
(それは残念ですね。)

A:But it’s no biggie. I have a job offer today.
(でも大したことないよ。今日新しい仕事見つけたから。)

   

A:Thanks so much for watching the kids for me last night.  There was an emergency in work.
(昨晩、子供の世話してくれてありがとう。緊急の仕事が入っちゃってさ。)

B: No biggie. I'm happy to help out.
(問題ないよ。力になれて嬉しいよ。)

   

スポンサーリンク

-決まり文句

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.