日常会話

【458】「真剣に考える。 I’ll scratch my head. 」

投稿日:2020年9月2日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

I’ll scratch my head.
(真剣に考える。)

  

 

やり取りイメージ

------ At work ------
------(職場にて)------

A : I know this is a bit complicated issue, but can you draft a proposal?
(これはちょっと難題だけど、たたき台を作成してもらえる?)

B : Okay, I’ll scratch my head.
(わかりました、考えてみます。)

A : Thanks. I’m looking forward to your ideas.
(ありがとう。期待しているよ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

仕事をしていると難しい課題にぶつかるときってありますよね。

    

「難しい課題について考える。」と言いたいとき、

ネイティブは今日のフレーズを使います。

   

I’ll scratch my head.
(真剣に考える。)

    

ポイントは、「scratch one’s head」です。

    

「scratch one’s head」【イディオム】: 難しい問題・質問について真剣に考える。一生懸命考える。

   

英英辞典ではこのように解説されています。

   

to think hard about something
(何かについて一生懸命考える。)

参照:Cambridge Dictionary

    

Think hard in order to find a solution to something
(何かについての解決策を見つけるために一生懸命考えること。)

参照:Oxford English Spanish Dictionary

    

例文をあげるとこんな感じです。

  

Experts have been scratching their heads over the increase in teenage crime.
(専門家たちは、10代の犯罪率増加について真剣に考えている。)

   

A lot of people must be scratching their heads about which way to vote.
(多くの人々がどちらに投票するか真剣に考えなければならない。)

   

参考までに、

「scratch one’s head」を別の英単語で置き換えると

何になるかネイティブに確認したところ、

「think」と同じだと言っていました。

   

ネイティブは「think」よりカジュアルに

「(一生懸命)考える。」と言いたいとき、

この「scratch one’s head」を用いるんですね。

   

「scratch one’s head」は、

直訳すると「頭をかく」になります。

   

何か難しいことを考えるときって頭をかくので、

その所作から「考える」という意味を持ったのでしょう。

    

さいごに参考までに、

「scratch one’s head」は、

もう一つ意味がありますので紹介します。

    

「scratch one’s head」【イディオム】:途方に暮れる。訳がわからない。よくわからない。

    

詳細は、以前の記事で紹介しています。

     

スポンサーリンク

-日常会話

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.