ビジネス英語

【498】「電車遅延で少し遅れます。 My train is delayed so I’m going to be a bit late.」

投稿日:2020年10月12日 更新日:

  

  

今日のフレーズ

My train is delayed so I’m going to be a bit late.
(電車遅延で少し遅れます。)

  

 

やり取りイメージ

------ In the morning at work ------
------(朝、職場にて)------

A : Where’s Mark?
(マークどこ?)

B : Have you checked to see if he’s sent you a text?
(メッセージ来てるかもよ、携帯チェックした?)

A : Yes, he says 'my train is delayed so I’m going to be a bit late.'
(メッセージ来てた、電車遅延で遅れるってさ。)

  

  

〜 Tea Break 〜

電車が遅れて仕事の出社時間や誰かとの待ち合わせ時間に間に合わなくなりそうだっていう経験、誰しもが一度はあるのではないかと思います。

    

遅れそうだと思ったら、あらかじめ会社の上司や約束している相手に連絡を入れますよね。

    

そんなとき、今日のフレーズが使えます。

    

「My train is delayed so I’m going to be a bit late.」
(電車遅延で少し遅れます。)

    

もし「電車遅延で遅れます。」と言いたいときは「a bit」(少し)を外して、

「My train is delayed so I’m going to be late.」
(電車遅延で遅れます。)

でOKです。

    

また、「電車遅延で10分遅れます。」と具体的な時間を伝えたい場合は、

「My train is delayed so I’m going to be 10 minutes late.」
(電車遅延で遅れます。)

と言うことができます。

    

ちなみに、今日のフレーズは、主語が「My train」【単数形】のため、目的地に行くために今自分が乗っている電車、もしくはこれから乗ろうとしている電車のみが遅れているときに使えます。

    

もし、目的地までに電車を乗り換えて、2つ以上の電車で行く必要があるのに、その2つ以上の電車が遅れているときは、主語が「My trains」になります。

    

My trains are delayed so I’m going to be a bit late.
(電車遅延で少し遅れます。)

    

この電車の例だけではなく、英語は単数と複数を頭の中でイメージしながら話すのがポイントなんです。

    

とはいえ、イギリス人たちは「電車遅延で少し遅れる。」と言いたいとき、通常、今日のフレーズ「My train is delayed so I’m going to be a bit late.」を使うので、まずは今日のフレーズを自分のものにしておけば大丈夫です。

    

<参考>ロンドン地下鉄の車両

        

余談ですが、ロンドンの地下鉄は「London Underground」が正式名称ですが、「Tube」という愛称でも親しまれています。

    

※アメリカでは地下鉄は「Subway」ですが、イギリスでは「Subway」とは呼びません。

    

まさにトンネルが「Tube」=「チューブ」(管)のようになっていてその間を屋根が丸い小さい車両が通り抜けていきます。

     

屋根が丸くて小さいので、ドア付近に立って乗っている長身のイギリス人は、その大きな体を丸めて乗らなくてはならないんです。

   

ちなみに、ロンドン地下鉄が世界最古の地下鉄として開通したのが1863年1月。

    

この年は、アメリカではリンカーン大統領が有名な奴隷解放宣言をした年です。

     

日本は江戸時代の末期で、薩英戦争(鹿児島とイギリスの戦争)があった年。まだ西郷隆盛や坂本龍馬がバリバリ生きて活躍していた時代です。

    
(薩摩藩は国ではなく一つの藩なのに、当時、世界最強の国と戦争をしたというのは驚きですよね。)

     

そんな150年以上前にロンドンでは地下鉄が走っていたんです。

    

ちなみに、なぜ車両が小さい丸い「Tube」=「チューブ」の形をしているかというと、1860年代当時のトンネルを掘る掘削機が、その形でしか掘れなかったからと言われています。

    

近年になって開通した新しい線は、掘削機の進化もあり、大きなトンネルになっていて、入り口近くに長身のイギリス人が立っても肩を丸める必要がないくらい天井が高い車両が通れるようになっています。

    

<参考>:ロンドン地下鉄の新しい車両

       

あらためて今日のフレーズは、

My train is delayed so I’m going to be a bit late.
(電車遅延で少し遅れます。)

でした。

    

ではまた!

    

追伸:

今日のトップの画像は、ロンドンにある「St Pancras railway station」(セント・パンクラス駅)です。

    

1868年に作られた建物で、イギリスとフランスを結ぶユーロスターの発着駅でもあります。

    

世界で一番美しい駅のランキングにも登場するくらい荘厳な外観で、昼間も見応えがありますが、夜ライトアップされるとロンドンの夜と調和した独特の美しさを醸し出します。

     

また、屋内にあるレストランも雰囲気がよく、私のお気に入りの駅の一つです。

    

スポンサーリンク

-ビジネス英語

Copyright© ネイティブが使うイギリス英語 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.